RSS取得
Top園芸 >トマト

2007年02月22日

トマト

 昨年、「おいしいミニトマトが好き!」という方々が、うちの娘を含めて多かったように感じて、今年はトマトに力を入れようと思います。

 さて、調べてみるとほぼハウスまたは雨よけ栽培。うちとしては、毎年植えたい品目が変わるので動かせない施設は避けたいところだが、果菜類に施設栽培は避けて通れないところかな?
 で、昨晩元普及員で実家に帰りトマト栽培をやっている私の「園芸の師匠」と呼ぶ方に数年ぶりに電話してみました。相談内容としては「路地の雨よけでないトマトの品種」を聞くつもりだったのですが、せっかくだからと「ベトコンハウス」なるものを教えられました。

 で、早速ネットで検索。なぜかベトナム戦争関連の記事が? 予想はしていたけれど「ベトコン」の単語がベトナム戦争当時アメリカ軍がベトナム民兵を揶揄する意味合いで使っていた単語だとは聞いていましたが、やっぱりネット検索の単語に引っかかってきましたね。
 でも、無関係ではないみたいで、ベトナム戦争ではジャングル戦で泥沼の中、姿勢を低くして這いずり回りながらの過酷な戦争だったそうで、このコンパクトな雨よけ用ハウスはそういうイメージから付けられた名前だとか。
 あんまりいいイメージではないなぁと思いつつ、現時点で調べた範囲では高さが1.8m間口が3m程度の路地ハウス? と思われるものだった。
 資材でも小型作業機なら少々のことは分かるが、ハウス資材は詳しくない私としては「???」そんな便利なものがと興味は別のほうへ。
 とりあえずトマトと同時進行ですね(^^)


posted by ノリ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 園芸

人気ブログランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

栽培の用土@ブルーベリー大辞典
Excerpt: ブルーベリーの栽培には酸性土がよいでしょう。 ビートモスを半分混ぜて酸性土壌にしてから植えつけて下さい。但し、ビートモスは酸性無調整のPHの低いものをオススメします。鉢植えの場合はピートモス50〜7..
Weblog: ブルーベリー@大辞典
Tracked: 2007-02-22 14:32
RSS取得

Funnydad Diary Ver.seesaaのトップへ

Copyright(C)2008 by スタジオ・オーパル,All Rights Reserved.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。