RSS取得

2007年07月17日

ブルーベリーの挿芽

ブルーベリーの挿し芽、今年こそは挑戦と思っていたけれど結局できませんでした。
本によると「6月下旬から7月上旬の新鞘の伸びがいったん止まったあたりに10cmほど切り取って調整」とありましたが、ブルーベリーの新鞘の伸びが止まったというところが判断できませんでした。
そうこうしているうちに7月下旬。やっぱりアマチュアは挿し木で増やすのがいいのかな(^^)

挿し木の状況については後ほど、下のブルーベリーの本は月ごとに作業が書いてあるしコンパクトで持ち歩きに便利でした。

posted by ノリ at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸

人気ブログランキングへ

2007年05月27日

ブルーベリー、鉢上げ

やっとプルーベリーの鉢上げをしました。不職布のポットにピートモスを水で湿らせてから詰める方法を知り、ただいま実践中です。
確かに軽く、冠水するとなかなか渇きにくいような気がします。
順次報告したいと思います。

529f4367.jpg
posted by ノリ at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸

人気ブログランキングへ

2007年04月26日

ブルーベリー・・・あれ?

数日前に買い物に出かけたときのこと。とあるホームセンターでブルーベリーの苗が並んでしました。
「今年はどんなのが出てきているのか・・・あれ?」

そこには、ホームペル、ティフブルー、ウッダード。とラビットアイ系のブルーベリーが並んでいた。
ここは北東北地区、私の記憶が正しければラビットアイ系のブルーベリーは関東以北では実が付かなかったと思うけれど・・・。

コレクターの私としては実が付かなくてもいろいろな種類を植えたいと思ったけれど、多分植えても実が付かないだろうな。
定員さんに話して「クレイマー」と思われたくないし(--;



見なかったことにしよーっと(__;


funnydad'sTOPへ
人気blogランキング参加中です。なるほど! 面白い! と感じたらポチッと!
posted by ノリ at 14:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 園芸

人気ブログランキングへ

2007年03月26日

マイクロトマト?

マイクロトマトを見つけたのはサカタ友の会の会報「園芸通信」でした。
最初は見間違い?と見直しましたが「ミニトマトよりちっちゃい」と書いてあったので間違いは無いでしょう。
マイクロトマトの種は見当たらず、3本セット苗で取り扱っているようです。

直径8〜10mmということで、サラダの色付け程度に使うことが想像されますが、ちょっと調べてみると甘みが強く酸味もしっかりしていて「小さいながらもトマトを食べている」という感じだそうです。

営利販売を考えると、ミニトマトでも小さいパックに20〜30粒で4人家族では余してしまったりするので、それよりも小さいのが大量となると料理店などに直接ですかね?

今年、私はトマトとミニトマトを中心に予定を立てていますので、マイクロトマトは来年以降ですね。興味があったらPCサイトですがサカタのタネも参考ください。


funnydadTOPへ
人気blogランキングへ
posted by ノリ at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸

人気ブログランキングへ

2007年03月15日

トマトの種類

最近のトマトは種類が豊富でどれが好まれるのか悩みますね。
大きさで分けても大玉(普通サイズ?)トマト、中玉(ミディ)トマト、ミニトマト。どっかの写真で見かけたミニトマトより小さいマイクロトマトだったかな?

コレだけのトマトの種類があったので、とりあえず十数種類のトマトを中玉トマトとミニトマトに絞ってタネを注文しました。

前回楽天経由で購入しようと思いましたが、接木苗のトマトも頼んでみようと思ったので、タキイ友の会の通販経由で注文いたしました。

で、届きました。タネの品種は全部そろってから公表しますね。


でも、マイクロトマトってサラダくらいしか使わないような気がするけど(^^;



funnydadTOPへ
人気blogランキングへ
posted by ノリ at 15:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 園芸

人気ブログランキングへ

2007年03月03日

ブルーベリーの増殖

ブルーベリーの話をすると必ず出てくるのが「増やしていいの?」という質問です。
多くは果樹をされている方からですが、私も詳しくは無いのですがりんごやぶどうなどの果樹に関して、有名な品種は増やしたりするのは制約(原則禁止)があるそうです。

で、ブルーベリーはと申しますとこちらのBlue Berrys Roomさんのページが参考になりました。
中ほどの「○ブルーベリー栽培の関係法規」に詳しくは書いてありますのでよかったらご覧ください。

要約しますと・・・。
○種苗法登録(出願)品種は譲渡・再販は不可、増殖は個人的な試作・研究等に限っては可だそうです。
○商標登録品種はその名称を使用しない限り増殖・販売は制限は可能と思われます。スパルタンとスパータン、ダローとビッグダロー、シェラとシェイエーラなど各苗木業者での名称独占のために似たような名前になり、○にRの記号がついていういるのが商標登録だと教えられました。

海外のパテント品種などは国際条約で保護されています。国内の苗木業者のカタログにはそれなりに注釈が書いてあるみたいです。

結局発表から25年が経過した品種については制限がないようなので、ブルークロップやノースランドジャージーあたりは苗木の増殖は問題が無いようです。
その辺はブルーベリー大図鑑が参考になりました。
posted by ノリ at 13:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 園芸

人気ブログランキングへ

2007年02月23日

トマト種

トマトの種を探してみました。特にタキイの定番「桃太郎」。
ポイントもあるしついつい楽天へ。
以下のお店で「ホーム桃太郎」の種を扱っていますね。
めぶき
、「ファーム フローラル」、「農家の店 みのり
それぞれラインナップが違うし、他の種子とまとめて注文したいので、しばらくは眺めてみますね。
posted by ノリ at 07:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 園芸

人気ブログランキングへ

2007年02月22日

ブルーベリー

 我が家に来て最年長6年目のブルーベリーたちも、多分雪の下で元気なはずです。
昨年は、選定枝をかき集めて増やした苗たちが2年目となり、50鉢ほどが元気でした。
前年度凍害で2割ほどダメにしてしまった反省をふまえて、越冬させるために畑に穴を掘り上から稲ワラをたっぷりとかけてあげました。

 地植え部隊の様子と剪定をかねてそちらも見に行く時期ですかね?
posted by ノリ at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸

人気ブログランキングへ

トマト

 昨年、「おいしいミニトマトが好き!」という方々が、うちの娘を含めて多かったように感じて、今年はトマトに力を入れようと思います。

 さて、調べてみるとほぼハウスまたは雨よけ栽培。うちとしては、毎年植えたい品目が変わるので動かせない施設は避けたいところだが、果菜類に施設栽培は避けて通れないところかな?
 で、昨晩元普及員で実家に帰りトマト栽培をやっている私の「園芸の師匠」と呼ぶ方に数年ぶりに電話してみました。相談内容としては「路地の雨よけでないトマトの品種」を聞くつもりだったのですが、せっかくだからと「ベトコンハウス」なるものを教えられました。

 で、早速ネットで検索。なぜかベトナム戦争関連の記事が? 予想はしていたけれど「ベトコン」の単語がベトナム戦争当時アメリカ軍がベトナム民兵を揶揄する意味合いで使っていた単語だとは聞いていましたが、やっぱりネット検索の単語に引っかかってきましたね。
 でも、無関係ではないみたいで、ベトナム戦争ではジャングル戦で泥沼の中、姿勢を低くして這いずり回りながらの過酷な戦争だったそうで、このコンパクトな雨よけ用ハウスはそういうイメージから付けられた名前だとか。
 あんまりいいイメージではないなぁと思いつつ、現時点で調べた範囲では高さが1.8m間口が3m程度の路地ハウス? と思われるものだった。
 資材でも小型作業機なら少々のことは分かるが、ハウス資材は詳しくない私としては「???」そんな便利なものがと興味は別のほうへ。
 とりあえずトマトと同時進行ですね(^^)
posted by ノリ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 園芸

人気ブログランキングへ

RSS取得

Funnydad Diary Ver.seesaaのトップへ

Copyright(C)2008 by スタジオ・オーパル,All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。